宝尽くし吉祥文様図~諸願成就、家庭円満等を願う

宝尽くし吉祥文様図~諸願成就、家庭円満等を願う
日本三大弁財天参拝後に完成しました☆

「宝尽くし」とは中国より伝わる吉祥文様のひとつで、宝物を集めた文様の事を言います。
着物や風呂敷、そして神社仏閣の吉祥文様としても多く使われています。
種類も多くがあるのですが、今回お作りさせていただいた文様は10種類となります。10種類の模様はすべて金の墨にて書写させていただき、弁財天の真言である「オンソラソバテイエイソワカ」を10種類の文様の横に書写させていただき、弁財天祝詞ご祈祷をさせていただきます。


1、宝珠(ほうじゅ)⇒諸願成就を願う宝の玉です。

2、宝鍵(ほうやく)⇒鍵は大切なものを守り、また開けるものです。宝鍵はご自身が大切なものを守るとともに新しい世界への扉を開けてくれると願います。

3、打ち出の小槌(うちでのこづち)⇒大黒天さまが持っている小づちです。打てば望みのものが手に入ると願うことから、諸願成就、金運UPを願います。また「打つ」とは敵を打つ、打ち勝つにも由来します。

4、5、隠れ蓑(かくれみの)、隠れ笠(かくれがさ)⇒保元物語でも「身を隠す」「笠や蓑をかぶると姿が見えなくなる」と書かれており、この文様を所持することで危険から身を守ると願い、危険を交わすと願うありがたい文様です。

6、金嚢(きんのう)⇒宝袋とも言い、宝の詰まった袋で招き猫にもよく用いられています。金運UPを願う文様です。

7、丁子(ちょうじ)⇒インドネシアなど亜熱帯原産の植物であり日本へは平安時代に伝わり、貴重な薬として伝わっております。薬であることから、家庭円満、延寿長命、健康を願います。


8、分銅(ぶんどう)⇒両替商が目方を図る際に使用するおもりを分銅といいます。分銅とは釣り合いがとれた形から、金銀財宝が関わる取引や交渉を成功させ、金運、出世、立身功名を願うシンボルとされています。
また副業等の商いにも良いでしょう。

9、七宝(しちほう)⇒花輪違い(はなわちがい)とも言われ、四方に円が広がっていく様から「円満を繋げる」「円満を広げる」と言う意味があります。
家庭円満、縁結び、得人、朋友募来、万人和合といった人間関係、家庭円満を願うありがたい文様です。


10、宝巻(ほうかん)⇒宝の巻物です。宝巻は文殊菩薩さまもお持ちになられており、京都の八坂神社の守り紋であることも有名です。
智慧、知識UP,学力UP、新しい技術技能等を願う文様です。



<ご注意事項>

・こちらの図はすべて手作業となりますので、お届けまで1か月半前後いただいております。

・通常の護符は1年ごとに買い替えとなりますが、こちらは半永久的に使っていただいて結構です。

・霊図の効果を100%補償する訳ではございませんのでご了承ください。



*サイズ:半紙サイズ、またはA4サイズのどちらかがお選びいただけます。備考欄にご希望のサイズをご記入ください。額、吊り紐つきです。


*お好きな護符3枚が無料で付属致します。ご注文時に備考欄にてご希望の護符をご記入ください。
(除災鎮宅符、十種神宝、他の五岳真形図、大円満霊符、七章図、錦囊五斗図、神通図、神通符セット、〇〇図と言った一生ものの霊図を除きます)
価格:39,800円
注文数:
この商品を買った人はこんな商品も買っています
この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています
光之剣符~呪詛や恨み、妬みを祓い跳ね返すと願う
光之剣符~呪詛や恨み、妬みを祓い跳ね返すと願う
価格:12,800円
除諍夫婦和合符-二人の気持ちのすれ違いや諍い解消を願う-
除諍夫婦和合符-二人の気持ちのすれ違いや諍い解消を願う-
価格:5,980円
除諸悪鬼病魔邪気御神符-心身を蝕む悪鬼や病魔、邪気を除くと願う
除諸悪鬼病魔邪気御神符-心身を蝕む悪鬼や病魔、邪気を除くと願う
価格:9,800円
| ホーム |

-大切なお知らせ-

カートの中身

雅のブログ

2018年☆開運日カレンダー

PR

Copyright c 陰陽師 雅 風水護符・霊符通販. all rights reserved.